anyca(エニカ)の招待コードは「anyca1231」~ 沖縄anyca奮闘記 ~

個人間カーシェアリングアプリanycaに登録する際に入力すると様々な特典がついてくる招待コードは「anyca1231」

今、人気の「移動のシェア」についてまとめてみました

 

 

<これまで紹介したシェアビジネスについて>

これまで「空間のシェア」、「スキルのシェア」についてまとめて来ましたが、今回は、私ガジェ男、一押しの「移動のシェア」についてまとめていきたいと思います

 

○「空間」のシェアについて

airbnbの住居のシェアからイベントスペースのシェア、手荷物を預かる空間のシェアまで多種多様な「空間」のシェアのマッチングサービスが登場している

carrentalokinawa.hatenablog.jp

 

○ 「スキル」のシェアについて

自分の特技(掃除、犬の散歩、料理)などを他人に教える事で稼ぐ事のできるスキルシェア。予想以上にいろんなジャンルのマッチングサービスがある事にビックリした

carrentalokinawa.hatenablog.jp

 

<移動のシェアについて>

1.anyca(エニカ)

私ガジェ男もやっている個人間(CtoC)のカーシェアリングサービスです

anyca.net


利用者の声はこちらから

carrentalokinawa.hatenablog.jp

 

オーナーになったら稼げるの!?と疑問の方はこちらから

carrentalokinawa.hatenablog.jp

 

 

2.CaFoRe(カフォレ)

こちらも上記のanycaと同じようにクルマを貸したい人と、借りたい人をマッチングする個人間(CtoC)カーシェアリングサービス。

cafore.jp

 

 

3.COGICOGI(コギコギ)

東京、京都、福岡で展開されている自転車のシェアサービス

カフェやホテルに設けられた「貸し出しポート(専用駐輪場)」を拠点に自転車の貸出や返却を行い、「好きなポートで借りて、好きなポートで返す」ことができるサービスです。スマートフォンで施錠管理できるスマートロックとGPSを搭載しているため、使用後の自転車はどこのポートでも返却可能という従来にない利便性を実現したとの事。

f:id:kinmasa901:20170901152818j:plain

シェアサイクルCOGICOGI(コギコギ)

スマホで管理できるって点がいいですよねw

今度、仕事で京都に行く機会があるので、タイミングがあえば利用してみたいと思います

 

 

4.COGOO(コグー)

大学内を中心に自転車をシェアできるサービス

現在利用できる大学は、左記の6大学だそうです(横浜国立大学千葉大学京都大学大阪大学一橋大学九州大学

cogoo.jp

大学って意外に広いですし、これから流行りそうなサービスですねw

 

 

5.notteco(のってこ!)

長距離ライドシェア(相乗り)サービスで、空席を持て余しているドライバーと同じ方面に安く移動したい同乗者をマッチングアプリ

notteco.jp

沖縄だと移動距離が決まっている(私、ガジェ男の場合ですが・・・w)のですが、東京都内などだと東京から大阪までなど車で行ったりすると聞くので、かなり需要はありそうですねw 

 

6.Uber(ウーバー)

スマホハイヤーを呼べるサービス。登録車両が高級車である事や、登録したクレジットカードで支払いを行うので、乗車時に支払う手続きがないなど、タクシーより便利で快適とアメリカなどの海外では爆発的に人気なのですが、日本ではタクシー業界との関係でなかなか普及しておりません。

f:id:kinmasa901:20170901153030j:plain

 

 

<まとめ>

個人的には、東京オリンピックもあり外国人観光客が急増するので、Uber(ウーバー)はこれから、流行って行きそうな気がします。自転車のシェアもエコの観点からこれから、流行そうな気がします。もちろん、今、私ガジェ男が激押ししている個人間カーシェアリングanyca(エニカ)も流行ると思います

 

<あなたも個人間カーシェアリングのオーナーになりませんか>

平成30年3月31日まで、オーナー登録キャンペーンを実施中。

この機会にぜひ、個人間カーシェアリングの魅力を試してみて下さい

個人間カーシェアリングの詳しい詳細は下記記事をご参照ください

carrentalokinawa.hatenablog.jp