読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄で格安レンタカーを見つける方法

Anyca(エニカ)やcafore(カフォレ)を使用して、沖縄でレンタカーを格安、タイミングが合えば激安で借りる事ができる情報を発信中

【anyca運用実践記録】2016年8月1日から31日

anyca 運用記録
2016年8月1日から31日
1か月間の個人間カーシェアリングanyca(エニカ)での運用記録です。
収 入:28,000円

 

 

 

【 2016年8月 運用記録 】

2016年8月1日から31日の1か月間
個人間カーシェアリングアプリ anyca(エニカ)を活用して
所有しているSUZUKI IGNIS(スズキ イグニス)
での沖縄県での運用記録です。
 
 
 

【 運用車両 】

・SUZUKI IGNIS(スズキ イグニス)

・1.2L マイルドハイブリッド

・グレード:MX 2WD(真ん中)

・ボディーカラー:ネオンブルーメタリック

・シェア金額:3,500円(24時間以内・2日目以降:3,000円)

 f:id:kinmasa901:20170418132015j:image

 

【 運用内容 】

・運用期間:2016年8月1日~8月31日(1か月間)
・運用場所:沖縄県那覇市
・シェア回数:2回
・リクエスト回数:2回
・お気に入り登録数:4回
・収 入:28,000円

・シャア日数内訳:8泊9日 1名

・男女比率:男性 1名
・年代: 30代 1名 
 
今回の利用者は、
長期利用の方は、半分は仕事と言っておりました。
 
【 補足説明 】
 ・リクエストが2回になっておりますが、実質利用された方は、1名です。
・現状のanycaのシステムでは、1週間以上は利用する事ができなく、1週間以上利用する場合は、再度リクエストしなければならず、このような形になっております。
 
 
 

【 運用経費 】

・ガソリン代 0円
 利用した分はもちろん、ドライバーさんが入れてくれるので費用はかかりません。
 
・やりとり時間 10分(10分×1人)
 メールのやりとりは、やはり4、5通程度なので、実質メールをしている時間は、10分前後なのかなぁ・・・と思います。
 ただ、返信時間は、表示されるので、一度、問合せが来てからは携帯を気にするようにかなり気を使いました。
 
・移動時間(受け渡し/引き取り) 145分 0円(145分×1回)
 今月は、すべて那覇空港渡し、引き取りは、自宅近くでした。
那覇空港受け渡しの場合)
 那覇空港までは、自宅から30分。
 受け渡しまでの待ち時間:10分程度。
 受渡し後自宅までの移動時間:40分
※今回も、事前に受け渡し後に指定の場所までお送りして頂くようにお願いしていた為、移動時の交通費はかかりませんでした。
 
 
(自宅近辺引き取り)
 待ち時間:5分
 那覇空港まで送迎(サービス):60分 ※帰路含む
 
 
・洗車 60分:100円(60分×1回:100円×1回)
 自宅で手洗い洗車ができる場所があるので、基本的に0円(水道代・シャンプー代除く)
 洗車後、近くの洗車場に車内掃除のバキュームを使用の為経費が発生(6分:100円)
 1回の洗車にかかる時間 約60分(今後、シェアが増えると洗車も慣れてきて、短縮できるかも・・・)
 
 
<anyca利用手数料> 
・契約料 100円(100円×1回)
 anycaのシステム上、1リクエストを承認する度に100円かかるそうです。
 となると今回は、2回リクエストあったのですが、なぜか2回目は掛かってなかったです。同一人物が連続して利用するとかからない・・・?
 
・サービス利用料 2,800円
 利用の10% 28,000円×10%=2,800円 
 
 
今回の経費は、3,000円とでした。
時間に関しては洗車、移動(受渡/引取)に約200分
と予想以上に係りました。
返却後の送迎サービスを行うと、予想以上に時間がかかる事に気づきました。
 
ただ、どのような方が、どのような理由で当方の車(クルマ)に興味を持っているかを知る絶好のチャンスなので、しばらくは継続して続けようと思います。
 
 
今回は、8日間の長期利用があったので収入はかなりよかったのですが
当方が所有するような3,000円前後低価格帯の車輌は
当日(24時間)などの短期間シェアだと割に合わないと思います。
 
 
 
 

【 気をつけた点 】

やりはじめなので
承認率を100%にしたく下記を実施しました。
 
1.クルマの紹介文内に
「リクエスト前には一度、メッセージを頂ければと思います」という一文を添えた
 
2.シェア不可な日は、
[ カレンダー入力 ] → シェア可能日の設定より
「×」を設定した。
 f:id:kinmasa901:20170418132053p:image
 
その他にも
返答時間も極力短くしたかったので
3.すぐに返信するように心がけました
 
その結果、「0.5時間」と記載されました。
※これが最短表示?
 
4.もちろん、返信率は「100%」です。
 
 
  
 

【 ドライバーレビュー 】

・今回は一週間プラスアルファの長いシェアでしたが、予約からご返却まで常に親切かつ迅速にご対応くださりました。車は内外装ともピカピカの新車で、走行や燃費も予想以上でした。またラゲッジスペースも大きめでスーツケースがしっかり入るスペースがあり、◎でした。(30代:男性)
 
 
 

【 感想 】

・長期の利用があってとても嬉しかった。
・その影響もありエニカサイトで謳っている、平均25,000円/月の収入を超える事ができた。
・ただ、8月は観光シーズンで、現在の所利用するユーザーは、観光客が100%なのでもっとリクエストがあってもよいのかなと思った。 
 

【 困った点 】

・性格的な問題もあると思うが、「どうしてぼくの車輌を選んでくれたのか」というのは、意外に聞きずらい(営業向きではないですねw)
 
 
 
 

【 今後の課題 】

・今月は、長期利用があったので目標収入25,000円を達成する事ができたが、これが1泊2日だったら、収入は、10,000円前後だったのでは・・・と思う
 ・引き続き、リクエストを増やすための工夫をしなければと思った。
・具体的には、当ブログの更新。紹介文の見直しなど
 
 
改めまして
当方の車「スズキ イグニス」を利用して頂きまして
誠にありがとうございます。
 

【 anycaオーナーへご興味のかる方へ 】

あなたも駐車場に眠っている車(クルマ)を
個人間カーシェアリングanyca(エニカ)に登録してみませんか。
 
 

 【 個人間カーシェアリングとは 】

 カーシェアリングと言えば、タイムズやカレコ、アースカーなどの企業が、あらかじめ利用者として登録した会員に対してのみ貸し出されるサービスです。

利用者のメリットは、

1.車(クルマ)を所有した際にかかる税金(自動車取得税自動車税自賠責保険代等)がかからない。

2.定期的なメンテナス料の節約(オイル交換・車検等)

3.最短10分から借りる事ができる

その他にも企業によってはガソリン給油不要などのサービスもあり、月に2,3回程度しか利用しない都会の方であれば、必要な時だけ車を利用でき、所有した時に比べてものすごくお金を節約する事ができると評判で近年、シェアが急速に拡大しております。

 

そこに登場したのが

「個人間カーシェアリングです。

 

これまでのカーシェアリングのイメージが

企業が提供する車を複数の人がシェアしたり、借りたりするサービスだったのに対して

個人が所有する車を個人間で貸し出しする事ができるサービスです。

 

2015年にanyca(エニカ)が登場する前にも

cafore(カフォレ)や、Greenpot(グリーンポット)というサービスがありましたが、いずれも都心で少し普及しただけで、地方にまでは普及しなかったように感じます。

 

実際、私ガジェ男もcafore(カフォレ)に登録していたのですが、

半年間で、2度だけ問合せがあっただけで、思ったような収益を上げることはできませんでした。

 

 

 

【 anyca(エニカ)とは 】

 野球の横浜ベイスターズ、携帯専用ゲーム&SNSサイトのモバゲーなどを運営している株式会社ディーエヌエーが2015年から新たに提供したサービス。

 

入会金や月額料金などは一切必要ありません。

登録している車が利用された時だけ、10%の利用手数料がかかります。

 

また、保険に関しても

利用するドライバーに加入が義務づけられており、

登録しているオーナーは、保険に入る必要はありません。

※個人的には、これがcafore(カフォレ)との大きな違いだと思います。caforeは、登録しているオーナーも保険に入る事が義務付けられてました。たとえ、1ヶ月間、だれも利用しなくても・・・

 

 

 個人間カーシェアリングanycaのサービスについて
下記の動画でわかりやすく説明しております
 

【オーナー登録について】  

オーナー登録には下記の情報(書類)があれば登録する事ができます。

1.オーナーの住所・氏名・電話番号

2.登録する車両の車検証

3.車の写真

 

 【車両提供への不安】

ここまで読んでくれているあなたは

きっと、かなりオーナー登録へ興味がるのではないでしょうか。

 

ですが、自分の車を他人に貸して本当に大丈夫なの?

と思っているのではないでしょうか。

 

たぶん、一番の不安は、『事故』だと思います。

 

保険加入が義務だと言っても

どれだけの保険なのか不安ですよね

1.対人賠償責任保険:無制限

2.対物賠償責任保険:無制限

この2つは、自分が保険に入る時にも「無制限」にする箇所ではないでしょうか。

 

その他の保険の詳細については下記の「保険について」を見てみてくださいね

anyca.net

あと、車両補償:300万円(免責15万円)

もついておりますが、免責が15万円なので、飛び石や、ドアへのキズ、ホイールを縁石で擦ってしまったなどのちょっとしたキズは、15万円以内直せると思うので補償を適用する事はできません。キズをつけてしまったドライバーさんに請求するしかないので、紹介文にきちんと説明する必要があります。

 

【 オーナー登録用 招待コード 】

今なら、下記の招待コードを入力すると
1ヵ月分の利用手数料10%が無料になります。
 ※ 手数料無料のキャンペーン期間は2017年9月30日まで
 
anycaで言われている平均収入25,000円の場合
利用手数料10%:25,000円×10%=2,500円
 
2,500円が、0円(無料)になります。
 
招待コード:anyca1231

anyca.net

 

 

 今後もanyca(エニカ)の運用について記載していきたいと考えております。

・anyca(エニカ)の運用で気になること

・ドタキャンとかあるの?

・キズつけられた?

・やりとりはスムーズ

などなど、知りたいことがございましたら

下記の質問フォームよりお気軽にご質問頂ければと思います