読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄で格安レンタカーを見つける方法

Anyca(エニカ)やcafore(カフォレ)を使用して、沖縄でレンタカーを格安、タイミングが合えば激安で借りる事ができる情報を発信中。最近、沖縄でのanyca運用記録になるつつある・・・w

【2017年9月30日迄】初月利用料無料 カーシェアリングアプリ anyca(エニカ)に車を登録してみませんか。

車を所有しているけど

ほとんど利用しないで維持費だけがかかるだけで

ストレスになっているあなた!

 

カーシェアリングアプリ anyca(エニカ)に登録してみませんか。

anyca.net

 

 

 

【 個人間カーシェアリングアプリanyca(エニカ)に登録してみませんか。】

個人間カーシェアリングアプリanyca(エニカ)なら

維持費の悩みが解消されるかもしれません。

 

なぜなら、anyca(エニカ)の運営サイトの

株式会社ディーエヌエーの報告によると

月々の平均受取金額は ¥25,000円

だそうです

※東京都内に車(クルマ)の受渡し場所を設定し、月1回以上シェア経験をしているオーナーの場合だそうです。

f:id:kinmasa901:20170418202444p:plain

 

 

地方都市の場合だと、2,3割は減って ¥15,000円前後になるのかなぁと思います。

※ 現在、私ガジェ男の運用レポートを作成しておりますので、もうしばらくお持ち下さい。

 

 

 

 【 個人間カーシェアリングとは 】

 カーシェアリングと言えば、タイムズやカレコ、アースカーなどの企業が、あらかじめ利用者として登録した会員に対してのみ貸し出されるサービスです。

利用者のメリットは、

1.車(クルマ)を所有した際にかかる税金(自動車取得税自動車税自賠責保険代等)がかからない。

2.定期的なメンテナス料の節約(オイル交換・車検等)

3.最短10分から借りる事ができる

その他にも企業によってはガソリン給油不要などのサービスもあり、月に2,3回程度しか利用しない都会の方であれば、必要な時だけ車を利用でき、所有した時に比べてものすごくお金を節約する事ができると評判で近年、シェアが急速に拡大しております。

 

そこに登場したのが

「個人間カーシェアリングです。

 

これまでのカーシェアリングのイメージが

企業が提供する車を複数の人がシェアしたり、借りたりするサービスだったのに対して

個人が所有する車を個人間で貸し出しする事ができるサービスです。

 

2015年にanyca(エニカ)が登場する前にも

cafore(カフォレ)や、Greenpot(グリーンポット)というサービスがありましたが、いずれも都心で少し普及しただけで、地方にまでは普及しなかったように感じます。

 

実際、私ガジェ男もcafore(カフォレ)に登録していたのですが、

半年間で、2度だけ問合せがあっただけで、思ったような収益を上げることはできませんでした。

 

 

 

【 anyca(エニカ)とは 】

 野球の横浜ベイスターズ、携帯専用ゲーム&SNSサイトのモバゲーなどを運営している株式会社ディーエヌエーが2015年から新たに提供したサービス。

 

入会金や月額料金などは一切必要ありません。

登録している車が利用された時だけ、10%の利用手数料がかかります。

 

また、保険に関しても

利用するドライバーに加入が義務づけられており、

登録しているオーナーは、保険に入る必要はありません。

※個人的には、これがcafore(カフォレ)との大きな違いだと思います。caforeは、登録しているオーナーも保険に入る事が義務付けられてました。たとえ、1ヶ月間、だれも利用しなくても・・・

 

anyca(エニカ)のサービスについてわかりやすく解説された動画もございます。

youtu.be

 

 

 

【 車(クルマ)の維持費について 】

車って所有していると

自分の好きな時に

好きな場所に

好きな仲間といけるので

めちゃめちゃ便利なんですけど

購入時のローン以外にも

・駐車場代

・ガソリン代

・オイル、フィルターなど備品消耗品のメンテナンス代

・もしもの時の自動車保険

・年に1回の自動車税

・2年に1回の車検代

などなど

予想以上に維持費がかかりますよね

 

私、ガジェ男は、上の通りですw

 

ガジェ男の住んでいる沖縄県という地域性から

毎日、車を使わなくても

所有していないとかなり不便なんですよね・・・

 

なので、もちろんマイカーを所有しております。

 

 

【 車はローンで購入した方がいい 】

実は、私ガジェ男は、専門学校時代に

情報処理科に通っており

当時、livedoorを経営しホリエモンが目立ちまくっており

自分もIT系の会社に入社して、稼いでやる!!!と思ったおりましたw

 

今は、全く別のただの事務職をしておりますが

● IT系の勉強をしている時に培ったタイピング能力

● わからない事は「Google先生」に質問する能力

は、事務職をしている今でも大変、役にたっております。

 

そんなこともあって、密かにホリエモンファンで

定期的に「ホリエモンチャンネル」などはチェックしております。

 

ある時

ホリエモンの自動車を現金で購入するヤツはバカである!

という動画の

「個人が車を買うと言ったら、銀行から低金利でお金が借りれるのに、わざわざ貯めていた現金を使って購入する人はバカだ!」

というに話しにとても納得し

 

ビシっと!

 

1.9%低金利の5年ローンで購入しました

 

 

 

予想通り

・自動車ローンの支払い

・保険代

・駐車場代

にヒーヒーしていました。

 

 

【 anycaを知ったきっかけ 】

そんな時、インターネットで

「車 維持費 対策」

「車 維持費 減らす」

「車 維持費 解消」

などなど、どうにかして、車の維持費を減らす方法がないかを探していたら

たまたま

カーシェアリングアプリanycaを発見し

コレだ!!!

と思い登録しました。

 

 

【地方でもanycaは稼げるの】

ガジェ男が住んでいる沖縄県という地域は

ご存知の通り:観光地で

レンタカー激戦地になっております。

が、月に2,3回程度の利用があり

自動車ローンの支払いの大きな助けになっております。

※ 現在、運用記録を制作中です。もうしばらくお待ちください。

 

私、ガジェ男のように

地方に住んでいてどうしても車を所有しないといけないという方にも

anyca(エニカ)はオススメです。

 

 

 

【オーナー登録について】 

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、この機会に

カーシェアリングアプリ anyca(エニカ)に登録してみませんか。

 

オーナー登録には下記の情報(書類)があれば登録する事ができます。

1.オーナーの住所・氏名・電話番号

2.登録する車両の車検証

3.車の写真

 

 【車両提供への不安】

ここまで読んでくれているあなたは

きっと、かなりオーナー登録へ興味がるのではないでしょうか。

 

ですが、自分の車を他人に貸して本当に大丈夫なの?

と思っているのではないでしょうか。

 

たぶん、一番の不安は、『事故』だと思います。

 

保険加入が義務だと言っても

どれだけの保険なのか不安ですよね

1.対人賠償責任保険:無制限

2.対物賠償責任保険:無制限

 

この2つは、自分が保険に入る時にも「無制限」にする箇所ではないでしょうか。

 

 

その他の保険の詳細については下記の「保険について」を見てみてくださいね

anyca.net

あと、車両補償:300万円(免責15万円)

もついておりますが、免責が15万円なので、飛び石や、ドアへのキズ、ホイールを縁石で擦ってしまったなどのちょっとしたキズは、15万円以内直せると思うので補償を適用する事はできません。キズをつけてしまったドライバーさんに請求するしかないので、紹介文にきちんと説明する必要があります。

 

 

 

【 オーナー登録用 招待コード 】

今なら、下記の招待コードを入力すると
1ヵ月分の利用手数料10%が無料になります。
 ※ 初月手数料無料のキャンペーン期間は2017年9月30日まで
 
anycaで言われている平均収入25,000円の場合
利用手数料10%:25,000円×10%=2,500円
 
2,500円が、0円(無料)になります。
 

招待コード:anyca1231 

anyca.net